校長挨拶|こうちょうあいさつ

宮城県立古川支援学校 校長 藤川 卓志

 

本校のホームページをご覧いただき
誠にありがとうございます。

 本校は昭和60年に宮城県立古川養護学校として開校し,一昨年30周年を迎えました。現在は学級数42,教職員数115名の大規模校であり,大崎地区の1市4町における特別支援教育の中核として,特別支援教育のセンター的機能も果たしております。
 今年度は小学部12名,中学部16名,そして高等部28名の新入生を迎え,186名の子どもたちが明るく元気に学校生活を送っております。本校には,知的障害を始め様々な障害に知識・理解のある教員が多数おります。クラス担任は複数制で,生徒に手厚い支援が出来るように配慮しています。また,担任が生徒の理解を深めるための「特別支援部」という分掌を校内に設置して,万全のサポート体制を整えております。さらに,言語聴覚士や理学療法士などの専門家とも連携しております。
 大崎地区の学校関係者の皆さまには,お困りのことがございましたら,地域の相談施設として,本校を活用して頂きたいと思います。また,支援を必要とする児童・生徒の保護者の皆さまにおかれましては,学校見学会を6月13日(小中学部),7月4日(高等部)に予定しておりますので是非ご来校くださいますようご案内申し上げます。
 また,個別の見学,相談につきましても,随時受け付けておりますので,お気軽にご連絡ください。

平成29年4月10日